信頼できる弁護士を探す

弁護士はそれぞれに専門がありますから、離婚相談は離婚に強い弁護士に、労働問題は労働に強い弁護士に依頼することが大切です。でも、専門の弁護士を探すのは簡単ではありません。当サイトでは専門弁護士の選び方や悪徳弁護士の見分け方を解説しています。

なお、債務整理専門の弁護士をお探しの方は、下記の無料診断シミュレーターがおすすめです。

世の中には数多くの弁護士がいます

依頼者のために全力で仕事に取り組む弁護士もいれば、金儲けしか考えていない弁護士、客の金を横領するなど犯罪に手を染める弁護士。
普通に暮らしていれば、弁護士と関わるということはほとんどありません。
そのため、評判の良い弁護士の情報や、弁護士の選び方は多くの人にはわかりません。

当サイトを参考にしてダメな弁護士を選ばないように気をつけてください。


ダメな弁護士を選んでからでは遅いのです!


弁護士を選ぶ時の注意点は次の通りです。

費用を明確に説明してくれるか

どんな商品であっても購入するにはお金を支払わなければいけません。
弁護士のサービスも同様です。
弁護士費用がいくらになるかは、非常に重要です。
10万円の請求を認めてもらうのに100万円の弁護士費用がかかるとすれば、弁護士に頼む人などいないでしょう。
弁護士費用を明確にしない弁護士はこういった依頼者の気持ちを考えていないと言えます。

契約書をきちんと作るか

殿様商売をしている弁護士の中には、契約書を作らない弁護士もいます。
いくら弁護士費用を口頭で決めても、書面できちんと確認できなければ、後日のもめ事になってしまう可能性が生じます。
これでは弁護士費用の説明を受けた意味がありません。
そもそも、契約書すら満足に作らない弁護士では、頼んだ仕事も確実にこなせるかどうか非常に不安と言えるでしょう。

依頼者にとって不利な情報も教えてくれるか

絶対勝てる、100万円とれるなど安易なアドバイスをする弁護士は危険です。
裁判である以上、負ける可能性もあるし、勝てるとしても100%勝てるという事件はほとんどありえません
貴方に都合の良い話ばかりをするのではなく、「こういう問題がある」と教えてくれる弁護士は良い弁護士です。
また、弁護士は通常は事件を受けて、訴訟をした方がお金をとれます。そうであるにもかかわらず、「この事案では証拠が弱い」「リスクが大きい」ということで受任を断る弁護士もお金だけに目がくらんでいない弁護士と言えるでしょう。

セカンドオピニオンの薦め

弁護士に依頼をする時には、いくつかの法律事務所に相談に行ってみるというのは良いことです。
何人もの弁護士と話をすることで、弁護士も普通の人間ということがわかるでしょう。
弁護士は優秀かどうかだけでなく、相性が合うかどうかもよく見極めるようにしてください。

対応が早いかどうか

最近でこそ司法試験の合格者の数が増えてきていますが、日本では弁護士の数がまだまだ足りないというのが現状です。そのため、多くの弁護士は常に複数の事件をかかえています。
弁護士も客商売である以上、それは仕方のないことですが、あまりに対応が遅いというのは問題です。
対応が早いかどうか調べるには、ホームページなどの問い合わせからメールを送ってみると良いでしょう。
12時間以内に返信があれば、その弁護士は相当対応が早いと言えます。
24時間以内に返信があれば、十分合格です。
遅くとも、土日を除いた3日以内に返信があれば良いですが、それ以上となると、依頼するのは少し考えた方が良いからもしれません。
新規の依頼者のメールの返信に3日以上かかるということはその弁護士は今持っている事件で手が一杯であると考えられます。

貴方の話を聞いてくれるか

ただ話を聞いてくれるというだけでは駄目です。話を聞くだけではなく、質問をしてくれるかを見ましょう。
一般の方はとにかく、自分が大事だと思った話をしています。
しかし重要なのは法的に意味のある事実です。法的に意味がある事実がわかるのであれば、弁護士に頼む必要などありません。わからないから弁護士に相談しているのです。上手く、こちらの話を聞き出してくれる弁護士を探しましょう。

ホームページをもっているか

昔は弁護士を利用するには紹介というのが基本でした。しかし今の時代は弁護士であってもインターネットやホームページを通じた自己アピールが必要と言えます。
インターネットが普及する前であればともかく、これだけネットの利用が当たり前となった現代にホームページすら持っていないというのは不安を覚えざるを得ません。

特に最近ではホームページに無料法律相談が可能かどうかや弁護士の得意分野が記載されていることも多いためチェックは必須です。

契約時に担当弁護士と会えるか

事務所に一人の弁護士しかいない場合は、面談をした弁護士があなたの担当になるので問題はありません。
問題は事務所に複数の弁護士が所属している場合です。
この場合、信頼できると思って弁護士と契約をしたのに、担当する弁護士は部下に過ぎず全然相性が合わない、新人弁護士で勉強の材料として扱われたということが少なくありません。
弁護士が10人以上の法律事務所では契約した弁護士と担当する弁護士が違うということはよくある話です。必ず担当する弁護士と面談をして事件を頼むかどうか決めるようにしましょう。
なお、大手の法律事務所などでは、比較的年配の弁護士が何人もの弁護士を雇って、契約は年配弁護士、実働は新人弁護士という事務所が多いです。
この場合、新人が担当であっても年配弁護士も一緒に担当するとか、新人と年配弁護士が相談して方針を決めるなどと言うと思いますが、ほとんどのケースでそれは嘘ですので注意してください。
不安な場合は、突然事務所に電話して、年配弁護士を呼び出してもらいあなたの事件の細かい内容について質問してみてください。
おそらく、年配弁護士は不在などと言って電話に出ないか、上手く抽象的な話をしてはぐらかされるでしょう。結局は担当の新人弁護士に電話がつながれるはずです。


このページの先頭へ