刑事事件のポイント

刑事事件ではどのような弁護士を選べば良いのでしょうか?

弁護士というのは、弁護士になる前に司法研修所という場所で、研修を受けることになっています。
そして、その研修の多くの時間(半分以上)は刑事事件に割かれています。

これは刑事事件が民事事件以上に人の一生を左右する重大なものだからでしょう。

さて、刑事事件の研修をみっちり受けている弁護士ですから、実はどの弁護士を選んでもそれほど差はありません。
しかし、刑事事件と他の事件で大きく異なる特徴が1つあります。


それは依頼者が警察に捕まっていて事務所に来れないということです。
弁護士は、一つの事件だけを担当しているわけではないので、やはり忙しい人が多いです。
特に経験の積んだ老齢の弁護士だと尚更その傾向が強くなります。

忙しい上に、警察署まで打ち合わせに行かなくてはいけない。
弁護士が嫌がっているのが眼に浮かびませんか?
実は刑事事件では1度も打ち合わせに行かず、裁判の日を迎えて、懲戒されてしまった弁護士もいるんです。

したがって刑事事件の弁護士を選ぶポイントはこれです。
とにかくやる気のある弁護士を選ぶこと。
やる気のある弁護士であれば、片手間でやっている弁護士よりも満足のいく依頼となる可能性が高いでしょう。
警察署がどんなに遠くとも積極的に打ち合わせに行ってくれる人に頼みましょう。


ただし、やる気だけではどうにもならないケースもあります。
それは企業犯罪の場合だ。
インサイダー取引や、会社の不正会計が問題となった場合は、その専門家でないと対応することはかなり難しいらしい。
livedoorの元社長の堀江氏も今は弘中弁護士という有名な弁護士をつけています。
こういう弁護士に頼むと、お金はやはりかかるのだが、企業犯罪の疑いをかけられるような人は、お金を持っている人が多いだろう。
有罪になった場合の損失を考えれば安いくらいだ。



このページの先頭へ