国選弁護人と私選弁護人の違い

お金がなくて弁護士がつけられない場合は、国選弁護人がつきます。

またお金があっても、警察に勾留されていては本人は弁護士をつけることが事実上できません。その場合、お金があっても、勾留後に国選弁護人がつきます。

では、家族としてはどうすれば良いのでしょうか。

現在、弁護士の人数が増えてきた影響で、競争が激しくなっています。

そういった事情から国選弁護の仕事も一部都心では取り合いになっているようです。

そしてその国選弁護人の仕事は、勾留されている被疑者に弁護士が会いにいった回数で報酬が決まります。

こういった事情から下手な私選弁護人に頼むくらいなら国選弁護人にやらせておいた方が良いことも少なくありません。

以上より、信頼できる私選弁護人を見つけられれば私選弁護人をつけ、見つかるまでの間は国選弁護人でやり過ごすのが良いでしょう。

またお金に余裕がない場合は、国選弁護人に任せておいても問題ないでしょう。

ただし全然仕事をしない国選弁護人も中にはいます。そういう場合は法テラスや弁護士会に苦情を申し立て弁護士の尻をたたくことが必要です。



このページの先頭へ